紫河車 不妊 効果

あの有名成分が漢方にも!ウワサの紫河車でホルモン分泌を活発にしよう!

 

漢方

 

女性なら、誰もが考えてしまうこと…

 

「あと、もう少し若かったら…」

 

妊娠出産においても、あと○歳若かったらこんなに苦労していないかもしれない…といった考えが出てきます。

 

そんなときに注目を集めているのが、「紫河車(しかしゃ)」という漢方薬です。

 

紫河車はいったい、何からできている漢方薬なのかというと…

 

実は、ヒトの胎盤からできているものなのです!

 

つまり、美容の世界などで名前を聞く機会が多い「プラセンタ」のことを、東洋医学では紫河車というのです。

 

アンチエイジングなどの目的で使用されているプラセンタ(ドリンクや錠剤タイプ)は、馬や豚などの胎盤を使用しているのですが…

 

紫河車は、ヒトの胎盤を原料としているので、よりヒトに対して効果的なのです。

 

本来、自然界の動物は、出産後に排出される胎盤を自ら食べているのです。

 

その動物自身の胎盤を摂取するのが、一番相性が良く効果的だということなのです。

 

そこで今回は、そんなプラセンタ=紫河車という漢方薬について、不妊症状にどのように効いていくのかを説明していきたいと思います。

 

 

ずっと不妊に悩んでいたのが、紫河車で改善!

 

 

そろそろ不妊治療も諦めようかという考えもよぎる、治療歴11年になる39歳の女性。

 

どんな高度な治療をおこなっても、お金をかけても、まったく妊娠しない…

 

少しノイローゼ気味になっていて、不妊治療自体をやめようかと思った時のことでした。

 

テレビで、若返りの効果があるプラセンタ注射というものがあるということを知った彼女。

 

居てもたってもいられなくて、すぐに病院に足を運んでみたのですが…

 

実際、プラセンタ注射をしようとするとその後の生活に制限が出てきてしまう項目などもあり、ひとまず諦めることにしました。

 

そこで、最近通いだした漢方薬局に行って、プラセンタの話をしてみたのです。

 

すると、紫河車という漢方薬があることを教えてもらい、早速購入。

 

漢方

 

かなり高価ではありましたが、背に腹は代えられません!

 

この紫河車という漢方薬は、即効性があるものではないので長く飲み続けることが大切だと教えられました。

 

そのため、約半年は飲み続けていきました。

 

すると、だんだんと基礎体温が整ってくるようになり、体温も上がって冷え体質が改善されてきたのです。

 

そして、そのさらに半年後…今まで何をやっても妊娠しなかったのに、なんと妊娠反応が出たのです!

 

医師もかなり驚いていて、「紫河車を飲んだことで女性ホルモンがきちんと分泌されるようになって、さらに卵子の質が良くなったのかもね」

 

と言われました。

 

その後は無事に赤ちゃんもお腹の中で育ち、元気な子を出産することができました。

 

お産の後、自分の胎盤を特別に見せてもらったのですが…

 

これを一年間飲み続けていたのか、と非常に感慨深い気持ちになりました。

 

 

紫河車はあの有名な美女たちも飲んでいた!

 

 

紫河車は、紀元前259年〜紀元前210年くらいまでの秦の始皇帝時代から存在する、大変歴史の古い漢方薬です。

 

不老長寿の秘薬とされた、その漢方薬の正体は、人間の胎盤。

 

ヨーロッパでは、古代ギリシャの有名な医師であるヒポクラテスが、治療に胎盤を使ったという記録が残っています。

 

そして不老長寿ということは、アンチエイジング…

 

世界のそうそうたる美女たちが、見逃すわけがありません!

 

世界三大美女であるクレオパトラ、楊貴妃、そしてマリー・アントワネットも…

 

いつまでも衰えぬ美しさと若さを保つために、胎盤を摂取していたと言われています。

 

女性ホルモンは、年齢を重ねるごとに分泌量が減少していきます。

 

紫河車、つまりプラセンタにはエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが、たっぷり含まれています。

 

そのため生殖器の働きをいつまでも若々しく保つことができ、ホルモンのバランスが整ってお肌も若さを維持できるということなのです。

 

紫河車は、ヒトの胎盤をごく弱い火であぶりながら乾燥させたものです。

 

実際に胎盤を見たことのある人は、正直その光景を想像すると紫河車を摂取することに抵抗感を抱く場合が多いと思います。

 

しかし、野生の哺乳類の世界では産後の体を早く回復させるために、自らの胎盤を食べることは常識なのです!

 

野生の動物は、人間のように産後はゆっくり休んでいてね…というわけにはいきません。

 

そのために、生殖器の働きを活性化させる胎盤を食べて、早く子宮を回復させるのです。

 

 

紫河車とプラセンタ注射のメリットとデメリットは?

 

 

現代では、主に美容目的としてプラセンタ注射が主流になっています。

 

そうしたら、わざわざ漢方薬の紫河車を飲む必要はあるの?という疑問が生まれてきます。

 

実は、紫河車とプラセンタ注射、それぞれにはメリットとデメリットがあるのです。

 

どんなメリットとデメリットがあるのか、順番に見ていきたいと思います。

 

漢方

 

@紫河車

 

紫河車のメリットは、まず胎盤といってもヒト由来のものを使っているので、相性が良いということが言えます。

 

人間には人間の胎盤、というのが自然なことなのかもしれません。

 

相性が良いということは、それだけ効果を発揮しやすい状態にあるということです。

 

一方、紫河車にもデメリットはあります。

 

それは、漢方薬の原料がほとんど「中国産」ということなのです。

 

実は以前、胎盤ではなくて死亡した乳児を使用した紫河車が流通してしまったことがあります…!

 

また胎盤を摂取することで、感染症にかかるリスクなども考えていかなくてはならない問題です。

 

Aプラセンタ注射

 

プラセンタ注射のメリットは、多少お値段は張るもののクリニックで手軽に接種することができるということです。

 

ただ、手軽だからといって簡単に受けられないのには、このようなデメリットがあるからです。

 

プラセンタ注射を受けた場合は、献血をすることができなくなります。

 

これは、他人の胎盤を注射により摂取することで、何らかの感染症にかかるリスクを100%回避できないからです。

 

サプリメントやドリンクタイプであれば、献血不可ということはありませんので、安心してくださいね。

 

紫河車を服用するときは、その原材料もしっかり見極めて、処方してもらうようにしてください。

 

 

紫河車が不妊症状に効果がある理由とは?

 

 

紫河車を服用することで、体を温めて冷えを防ぎ、生命力をアップさせることができます。

 

この生命力というのは、妊娠するためにとても大切な意味を持ちます。

 

自分と別の「命」を、また自分の中で育てていかなければいけませんし、それを産み落とさなくてはなりません。

 

そこで、紫河車のどのあたりが不妊症状に効くのかを説明していきます。

 

漢方

 

・補腎効果

 

腎を補うというのは、東洋医学において生命力をみなぎらせることを意味します。

 

紫河車は、お母さんから赤ちゃんへ栄養を運んでいた胎盤からできています。

 

胎盤は、いわば赤ちゃんの命をつなぐためのものだったわけなのです。

 

胎盤にはエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモン、そしてアミノ酸が豊富に含まれています。

 

アミノ酸は、たんぱく質の構成員です。

 

人間の体は、60%が水分で20%がたんぱく質で出来ています。

 

たんぱく質は人間の皮膚から臓器、神経まであらゆるところに必要不可欠なものです。

 

さらには、たんぱく質はホルモンの分泌を促す効果もあるのです。

 

これが、補腎効果につながるということになり、ホルモンが十分な量分泌されて、卵子の質を高めることができるのです。

 

卵巣機能を高める働きもあるため、体外受精のための採卵前によく紫河車が使われています。

 

・アンチエイジング

 

紫河車は、生殖能力や生命力を高めることができます。

 

それはつまり、体を若々しく保つアンチエイジングの効果があるということになります。

 

アンチエイジングということは、歳をとるごとに古くなっていく卵子の老化防止も期待できるということです。

 

1日1日と卵子も歳をとっていきますから、この紫河車のアンチエイジング効果で、早めに良質な卵子で妊娠できるようにしていきたいですよね!

 

漢方

 

まとめ

 

 

複数の生薬を組み合わせて作られている漢方薬の中では少し変わっている、ヒトの胎盤を使用した紫河車について説明してきましたが、いかがでしたか?

 

紫河車を飲んで実際に妊娠できた女性の話、そして紫河車の歴史やプラセンタ注射との違い、そして不妊症状への効果についてお話してきました。

 

ヒトの胎盤と聞くと、少しギョッとしてしまいますが、胎盤は栄養豊富な女性の生命力を回復するためのものなのです。

 

自らの生殖能力と生命力を高めていって、妊娠力をつけるための体質改善ができる…

 

そんな奥の手のような漢方薬が、紫河車ということなのです。

 

興味がある人は、ぜひ漢方薬局で診断を受けて漢方医に聞いてみてくださいね。