六味丸 不妊 効果

六味丸で血液のめぐりを促して、不妊症状を改善しよう!

 

漢方

 

「手足はいつも冷たいのに、なぜかいつも顔が火照っている…でも熱はない」

 

こんな症状を感じている場合、血流が滞ってしまっている可能性があります。

 

血液はもともと温かいもので、まんべんなく体全体に行き渡っていれば冷えを防いでくれるのです。

 

しかし、血流が一部に滞ってしまっていると…

 

(温かい)血液が、行きどころがなくなって、頭や上半身のみ火照りがあるという状態になります。

 

そんなときに、体の熱を冷ましつつも血流を促進して末端の冷えを改善する「六味丸(ろくみがん)」が効果を発揮します。

 

六味丸は火照りによる、のぼせの症状を感じる人に多く処方される漢方薬です。

 

今回は、そんな六味丸について詳しく説明していきます。

 

 

六味丸を服用したら、血行が良くなって2ヶ月で妊娠できました!

 

 

いつも手足が冷たくて、明らかに冷えの症状があるのにもかかわらず、顔や上半身の火照りが気になっている妊活中の37歳女性。

 

以前から、体に負担の少ない漢方薬に興味のあった彼女は、漢方薬局に行って六味丸を処方してもらいました。

 

どうやら漢方医の話だと、(妊娠するために必要な量に)血液を増やす効果のある漢方薬のようです。

 

水分をしっかり補って、六味丸の滋養強壮効果で元気な体を作り、少しずつ体質改善をしていきました。

 

六味丸を飲むときには、体中に血液が循環していることをイメージしながら飲んでいました。

 

そして3ヶ月飲み終わった頃には、手足の冷えがあまり気にならなくなって火照りも治まっていました。

 

さらに2ヶ月、六味丸を飲み続けて体の熱を均等にしていって冷えを改善していったところ…

 

次の周期で、無事に妊娠することができました!

 

六味丸のおかげで妊娠前に体質改善をすることができたので、むくみが出ることもなく健康な妊婦生活を送れています。

 

 

六味丸が処方されるときに、漢方医がチェックする点とは?

 

漢方

六味丸は、漢方薬局では比較的ファーストチョイスで処方される漢方薬なのですが、不妊治療専門病院ではあまり処方されることはないそうです。

 

六味丸は、冷え性を訴える女性に処方すると逆に悪影響が出る場合があります。

 

どちらかというと、体の熱をとってのぼせなどの症状を改善する漢方薬なので、冷え性には逆効果なのです。

 

不妊治療専門病院に行く女性は、自身で冷え性を自覚している場合が9割と言います。

 

そのため、冷え性に向かない六味丸を処方することをしないのでしょう。

 

漢方薬局の場合は、体のどこが冷えてどこが火照っているのかを細かく見てくれます。

 

そのため、意外と手足だけ冷えていて体は熱いという場合が多いのです。

 

そこで漢方医は、患者のどこをチェックするのかというと…

 

・頭がのぼせているのに、熱を測ると体温が低い

 

・皮膚が乾燥肌で、かゆみがある

 

・喉や口の中が、乾きやすい

 

・舌に潤いがなく、赤みが強い

 

・薄着をしているのに、寝汗がひどい

 

このような項目をチェックして、六味丸が体に合うかどうかを見極めます。

 

大阪にある漢方鍼灸治療院の話では、六味丸を飲んだ女性は割と早く妊娠しているそうです。

 

適切な漢方薬のチョイスで、体質改善がうまくおこなわれている証拠ですね!

 

 

六味丸ってどんな漢方なの?

 

 

六味丸は、6種類の生薬からできています。

 

ではそれぞれの生薬を、効能別に紹介していきます。

 

漢方

 

血液を増やして、循環を良くする働きがある生薬は…

 

・地黄(じおう)…足りなくなった血液を増やして、血液に溜まった熱を逃がしてのぼせを改善してくれる効果があります。

 

・山茱萸(さんしゅゆ)…足りない血液を補って、体全体の血液循環を良くしていく効果があります。

 

また、滋養強壮の効果も期待できます。

 

・牡丹皮(ぼたんぴ)…滞った血液を流れやすくして、循環を良くしていきます。

 

その他の効能を持つ生薬は…

 

・山薬(さんやく)…免疫力を高めて、胃腸の働きを活発にして消化を助ける働きをします。

 

・茯苓(ぶくりょう)…利尿作用が高いので、尿とともに体内の老廃物を排出する生薬です。

 

また、滋養強壮作用もあります。

 

・沢瀉(たくしゃ)…体の温度調節をしてくれて、過剰な熱による火照りを鎮めてくれます。

 

また、喉の渇きや乾燥を防ぐ効能もあります。

 

六味丸は足りなくなった血液量を増やして、血液が停滞したことでこもった熱を逃してくれる漢方薬です。

 

また滋養強壮作用で体を強く、元気に保つことができるのです。

 

栄養をしっかり補給した、生命力あふれた体づくりをして、妊娠に近づくことのできる漢方薬が、六味丸なのです。

 

 

六味丸が不妊症状に効く理由とは?

 

 

妊娠しやすい体づくりに欠かせないのは、血液量が十分あって血流もスムーズだということです。

 

漢方

 

理由は血液量が十分あることで、生殖器にも血液がしっかりと流れ込みます。

 

血液は生殖器が活発に働くために必要な、酸素や栄養を運んできてくれます。

 

これにより質の良い卵子がつくられ、受精卵が着床しやすい子宮内膜をつくっていくことができるのです。

 

そして血液がスムーズに流れることで、からだの隅々まで温かい血液が行き渡り、体の冷えが改善されるのです。

 

不妊症状を訴える人は、冷えを感じている人がおよそ9割を占めます。

 

体が冷えると、血流が悪くなって血液が停滞してしまいます。

 

そうすると、もともと温かい血液が滞ることで(体の一部に)熱を持ってしまい、のぼせや火照りといった症状が出てきてしまうのです。

 

六味丸は停滞した血液の熱をとり、血液量を増やすことで血流を促進します。

 

そして生殖器の活動を活発化して、妊娠しやすいよう体質改善を促すのです。

 

六味丸の場合、熱を持った血液の流れをスムーズにすることで冷えは改善しやすいのです。

 

また、血流を改善したことによって火照りを鎮める効果が期待できます。

 

漢方

 

まとめ

 

 

体は火照っていて熱を持っているのに、手足が冷たくなっている…

 

そんなタイプの人に多く処方される漢方薬、六味丸について紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

六味丸はのぼせなどの症状を改善するだけでなく、血液量や水分を増やして循環を良くしていきます。

 

その結果むくみなどの症状も改善していき、さらに滋養強壮効果で強い体づくりにも一役買っています。

 

漢方鍼灸治療院でも、六味丸を飲んで妊娠した女性が多くいるので、ぜひ不妊治療専門病院でも積極的に処方してもらいたいです。

 

しかし、漢方薬はその人に合ったものを飲まなければ効果は出ないどころか、逆に体調が悪くなることもあります。

 

漢方薬局に行った際は、細かくカウンセリングをしてもらってから六味丸を処方してもらってくださいね。