婦宝当帰膠 不妊 効果

婦宝当帰膠は不妊症状に聞くって本当?秘密は「血の巡り」にあった!

 

  1. はじめに
  2. 6ヶ月で妊娠できた体験談
  3. 当帰芍薬散との違い
  4. 副作用について
  5. 妊娠しやすくなる秘密
  6. まとめ

漢方

 

はじめに

 

不妊に対して「症状を抑えたり対処をする」という意味合いが強い、西洋医学。

 

それに対し、東洋医学の漢方薬はというと…

 

体の体質を根本から改善していき、結果的に症状を治していくという考え方です。

 

不妊症状に効果のある漢方薬といえば、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)が良いと言われています。

 

そこで今回は、婦宝当帰膠で冷え体質を改善し、妊娠に至った話から、似たような漢方との違い…

 

そして副作用などの基礎知識と妊娠効果のメカニズムについて、説明していきたいと思います。

 

 

 

6ヶ月で妊娠できた体験談

 

婦宝当帰膠で冷え性改善!体質を変えて妊娠に成功!

 

 

冬はもちろん、夏も常に体が冷えている状態で、妊活がうまくいっていない35歳の女性。

 

彼女は、夏でも薄着をしないようにしたり空調を調節したり、様々な工夫をしてきましたが…

 

「実はすべて表面上の温めだけで、実は体の内側は冷えているのです」

 

立ち寄った漢方薬局で、このような指摘を受けたのです。

 

漢方

 

漢方薬で体の内側から温めるというのは、まさに目からウロコだった彼女。

 

早速、「婦宝当帰膠」という漢方薬を処方してもらいました。

 

体の血液の循環を改善する効果があるということで、期待しながら飲んでみました。

 

飲み始めは慣れないせいかお腹を下したりしていたのですが、だんだん慣れてきました。

 

半年間、この婦宝当帰膠を飲み続けた結果…

 

基礎体温は全体的に上がって、綺麗な二層になり…

 

無事に高温期が維持したまま、妊娠することができました。

 

冷えは妊活の大敵だと、彼女は改めて思ったのでした。

 

 

 

当帰芍薬散との違い

 

婦宝当帰膠と当帰芍薬散の

医師による使い分け

 

 

婦宝当帰膠は、名前に「当帰」と付いているだけあって、主成分の生薬は当帰です。

 

当帰といえば、同じような効能を持つ「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」がありますが…

 

このふたつの違いは、ズバリ「当帰」の配合量にあります。

 

当帰とは、質の良い血液を増やして体全体の血液循環を改善する働きがある生薬です。

 

このことで体全体に温かい血液が行き渡るため、冷えを防止することができるのです。

 

当帰芍薬散には、実は当帰が全体の1〜2割の量しか配合されていません。

 

それに対して婦宝当帰膠は、7割の割合で当帰が含まれているのです。

 

漢方

 

それだけ、婦宝当帰膠の方が体を温めて冷え性を改善したり…

 

血液量が増えることで、子宮や卵巣などの生殖器に十分な血液や酸素が供給されるということになります。

 

つまりそれは・・・生殖器に、妊娠するだけの活動力を与えるということなのです。

 

ただ、当帰芍薬散の場合は胃腸虚弱などにも効果がある反面…

 

婦宝当帰膠には、胃腸に関する副作用が心配されることが多いのです。

 

そのため医師は、胃腸が強いタイプの患者に、婦宝当帰膠を処方する傾向にあります。

 

 

 

副作用について

 

婦宝当帰膠とはどんな漢方薬?副作用などは大丈夫?

 

 

東洋医学の考え方で、体が冷えているということは「虚血(きょけつ)」という、血液が足りていない状態を指します。

 

不妊に良く効くと言われている婦宝当帰膠ですが、決して不妊症状に万能なのではなく…

 

「血液が足りなくて、生殖器に必要な血液や酸素が十分に送られていない!」

 

そんなときに、良い効果を発揮する漢方薬なのです。

 

体の内側から体質改善をしていくために・・・漢方薬は、人それぞれの体質にあわせて処方される、いわばオーダーメイドのようなもの。

 

もちろん、体に合わない場合もあります。

 

例えば、婦宝当帰膠の代表的な副作用としては下痢、むくみなどが現れる場合があるのです。

 

当帰の配合量が多いために胃腸に少し負担をかけてしまったり、血液量を増やすことでむくんでしまうことがあります。

 

婦宝当帰膠は、不妊に対してすべてが解決するような漢方薬ではなく…

 

「虚血」の症状があり、なおかつ胃腸が弱っていない場合に、不妊に対する効果を発揮するのです。

 

 

 

妊娠しやすくなる秘密

 

婦宝当帰膠が不妊に効く理由とは?

 

 

なかなか妊娠できない原因として…子宮や卵巣などの生殖器に、十分な血液が供給されていないことが考えられます。

 

十分な血液が供給されないと、生殖器が活動するために必要な酸素がうまく運ばれなくなります。

 

この状態を、東洋医学で「虚血」と言うのです。

 

漢方

 

婦宝当帰膠の7割を占める当帰を、体に取り入れていくことで…

 

・当帰が良質な血液を増やしてくれることで、子宮や卵巣などの生殖器に酸素が十分供給されます。

 

・血液循環を良くすることで、体全体に温かい血液が行き渡るので、下半身の冷えが改善します。

 

・子宮や卵巣周りの血流を良くすることで、活動力をアップさせます。

 

これらのことから、虚血による冷えや不妊を改善していくことができるのです。

 

漢方

 

まとめ

 

まとめ

 

 

不妊といえばコレ!というくらいの漢方薬である、婦宝当帰膠についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

多くの冷えに悩む妊活中の女性が、婦宝当帰膠で妊娠に至っているという事実。

 

血液量を増やして冷えを改善する当帰が、7割も含まれているため、医師も推奨しています。

 

胃腸への副作用があるため、基本的に胃腸の強さで当帰芍薬散と差別化されていることもわかりました。

 

「虚血」という、血が足りずに生殖器の働きが低下している状態を改善する・・・婦宝当帰膠。

 

冷えの改善は、血液循環に秘密があったのです!

 

もし、胃腸のトラブルがなくて冷えが気になるということならば、ぜひ漢方薬局で婦宝当帰膠について相談してみてください。

 

ずっと悩んでいる体の内側の冷えを改善して、妊娠へと近づきましょう!